カテゴリー
Other

生まれ変わる★高森町の保育園~吉田保育園and吉田河原保育園~

建物の老朽化・国の新保育施策「認定こども園」体制など、いくつかの理由により統合され、現在も建設されているのは吉田保育園吉田河原保育園です。

新築工事は着々と進み、新保育園は令和4年4月からの開園予定です。

そして、開園に先駆け、公募もされていた園の名称が決定しました。

着工前の町立吉田保育園の保護者の声
◍大規模災害を見据え、早期建替えを望む
◍新保育園の駐車場確保や交通アクセス改善の要望
◍公立保育園から私立保育園への移行を不安に感じる

吉田保育園

吉田河原保育園

保育所/保育指針の改訂を踏まえた保育環境
○日常の保育のため安心安全な施設のあり方
未満児保育の需要に応え多様化
○国の保育施策「認定こども園」体制
地域を包括できる最適な建設立地により有意義な園運営

新保育園がめざすもの
《保育理念》子ども達一人ひとりを大切にし、
      保護者からも信頼され地域に根ざした保育園
《保育方針》      明るく・正しく・仲よく
       ~ 豊かな心を育み、生きる力の基礎を培う ~
《保育目標》 ① 心身ともに健康で、たくましい子ども
       ② 思いやりがあり、やさしい子ども

新しくなるにあたり・・

◍必要な用品の準備~

☆子どもが慣れ親しんだものへの愛着を持っているものはそのまま使うことができます。家庭の金銭的な負担などにも配慮
園児服など3~5年程度の移行期間

◍引き継ぎ保育と職員体制~

▶開園前年度には吉田河原保育園の先生方が吉田保育園に出向し、園の様子や子どもの姿を知りつつともに保育を行う。
▶保護者の方とも面識が持て、信頼関係を築き、新園でも引き続き安心感を持ち預けてもらえる体制。
▶開園時には町からも職員の派遣依頼。子ども達と一緒に先生も、新しい園舎で穏やかに移行し安心して過ごせるようにしていく。

👆上記の体制がとられ、安心して保育園も移行できそうですね!!

認定こども園「ぱどま」

ぱどま(パドマ)は『蓮の花』を意味するそうです。

子どもたち一人ひとりが素晴らしい個性そのままに光り、それぞれの光が調和してお互いに輝き合うことを願い。
吉田保育園の前身の名前にも由来することで、現在の子育て世代だけでなく、地域の方々にも親しんでもらえることを願い。

泥の池の中でも美しく清らかに咲く蓮が色それぞれに輝いている様子は、素直に朗らかに生きる子どもたちを象徴

あずけ保育は子供の成長👦・子供の社会への関わり方👧・子供への教育👶などの一環でもあります。

保護者の方々にとっては、会社勤めなどの仕事を持っておらずとも、例え仕事の仕方が変わっても、家庭環境に左右されることなく同世代の子ども達が一緒に通える園はステキですね♪

~女性のはたらく~を応援したい!オンライン会社説明会・就業支援会の開催

柿丸

「生まれ変わる★高森町の保育園~吉田保育園and吉田河原保育園~」への2件の返信

キラキラさん初めまして?こんにちは(#^.^#)キラキラさんの記事を読んで、いよいよ統合するんだなって実感がわいてきました。新しい園に対する想い、地域と共に子育て中の親御さん達に寄り添う園て、素敵ですね。うち子は吉田ヶ原保育園最後の卒園生になります。本当に先生方が一生懸命に子ども、保護者に寄り添い保育してくださいます。新しい保育園へは通う予定は無いので、ぜひ統合後の保育園その後の様子を追っていただきたいです。

こんにちは!こっこさん。^^
記事読んでくださってありがとうございます!!
最後の卒園生なのですね~、こっこさんのコメントにある先生方の心温まるお話からも、新しい保育園もきっと良い保育園となるのではないかと思い、ほっこりいたしました。
その後の様子も、楽しみですね~~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です