カテゴリー
学ぶ遊ぶ

郷土の偉人・「菱田春草」の名画を観に行こうー長野県・飯田市美術博物館

今年2021年は、飯田出身の日本画家・菱田春草の没後110年という節目の年にあたります。それを記念した特別展「菱田春草―故郷につどう珠玉の名画―」が、10月9日(土)より飯田市美術博物館(以下:美博)で始まっています。〔前期:10月9日(土)~10月24日(日)、後期:10月26日(火)~11月7日(日)〕

10日(日)にさっそく鑑賞に行ってきたので、簡単な感想を交えつつご紹介します。

菱田春草とは?

飯田下伊那で暮らしていれば、絵画に興味がなくても名前くらいは聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか?郡音などでおなじみの「下伊那の歌その一」でも“春草の落ち葉の秋よ”と歌われています。名前聞いたこともないよ、という方、飯田文化会館の緞帳を見たことはありますか?あの緞帳の元になっている作品がまさに「落葉」です。

菱田春草は明治7年(1874年)、飯田・仲ノ町の生まれ。飯田学校(現在の追手町小学校)に通っていました。東京美術学校(現在の東京藝術大学)で学んだのち、日本美術院に参加。西洋絵画の手法を取り入れるなど、新しい日本画を追求しました。輪郭線を無くした「朦朧体」と呼ばれる画風がよく知られています。明治44年(1911年)、36歳の若さで亡くなりましたが、春草の画は今も人々を魅了し続けています。

どんな作品が展示されているの?

重要文化財に指定されている「黒き猫」「賢首菩薩」「王昭君」を始めとした代表作48点が全国から集結。学生時代から晩年に至るまで、春草の名画たちをたっぷりと堪能できます。作品の題材についてや時代背景、古典や西洋絵画からどのように影響を受けたかなど、解説も丁寧でわかりやすかったです。

また、「黒き猫」「微笑」「水鏡」などは、美博では初めての展示なのでお見逃しなく!もちろんその他も名画ぞろいで、見ごたえ十分です。(※「黒き猫」は前期のみの展示です)

展示室は三室ありますが、そのうち一室は「雨中美人」などの未完成作品や、スケッチ・下絵類など、故郷ならではの展示になっています。未完成作品はもちろん、スケッチと作品の比較もできてとても興味深いですよ!先の二室をじっくりと鑑賞しておくと、より楽しめるのではないでしょうか。

個人的には、東京など都市部での展覧会に比べるとかなりゆったりと鑑賞することができるという印象です。一つの作品を自分だけが独占できるような贅沢な瞬間もあり、ほぼ展示ケースにかぶりつき状態でした。後期のみ展示される作品も多くあるので、また足を運びたいと思います。

時間があったらここにも行ってみよう!

菱田春草生誕地公園

春草の生家跡は現在、公園として整備され、春草が好んで描いた草花が植えられています。美博から歩いていける距離にあり、付近には飯田大火を逃れた古い建物があるので、お散歩にもぴったりです。公園沿いの通りは春草通りと呼ばれています。

水野美術館(長野市)

長野市にある水野美術館でも、10月9日(土)から展覧会「没後110周年記念 菱田春草と画壇の挑戦者たち ―大観、観山、その後の日本画」が開かれています。少し遠いですが県内なので、足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

長引くコロナ禍のためなかなか外出できず、気分が落ち込んでいる方も多いのではないでしょうか。気分転換がてら、ぜひ美博を訪れて、美しい絵画を眺めてみてくださいね。

※10日の時点では、感染対策のため整理券に記名する必要がありましたが、待機時間もほとんどなく、スムーズに入場することができました。子どもは無料で観覧できるためか、親子連れも多かったですよ!

柿丸

「郷土の偉人・「菱田春草」の名画を観に行こうー長野県・飯田市美術博物館」への2件の返信

春草展!22日に行って来ました〜
コロナの状況も少し緩やかになり、本当に多勢の鑑賞者でした。
慌ただしい日常の中、24日までの前期に行く事ができ、展示は前期だけと言う『黒き猫』も観ることができました。
東京国立近代美術館、福井県美術館、…等々。あちらこちらから集められ今回、展示された事が説明文から伺えました。
前回の展示会が30年以上前だったと言うので、次回は自分ではもう観に行けないだろうなと、一生懸命鑑賞して来ました。
私は、水鏡が印象に残りました。
後期は展示が黒き猫以外にも変わるのですね?後期の終わる11/7までに、もう一回行けるといいなぁ〜と思います。
きよさん、タイムリーな紹介記事、有難うございました🤗

なんと!私も「水鏡」大好きです!「海辺朝陽」も印象に残っています。
今回の展示は本当に力が入っていて、学生時代から晩年まで、どのように春草の画風が変化していったかがよくわかって個人的にはとても楽しかったです。
どの程度展示の入れ替えがされるかはわかりませんが、後期には顔がちょっといかつい「白き猫」が展示されると聞いています。
こちらこそコメントありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です